ビフィラプラスの中身を分析してみよう!※どんな成分が配合されている?

ビフィラプラス 成分

 

腸内の環境を整えて、スッキリきれいに痩せると評判のダイエットサプリ、ビフィラプラス。

 

その名前からしてなんとなく成分も予想できちゃいますよね。

 

お腹によさそうなビフィラプラス、いったいどんな成分が配合されているのでしょうか?

 

ただお腹にいいだけでは、ダイエットサプリとしては不十分。

 

きっとなにか他にも、ダイエットをサポートしてくれる成分は入っているはずです。

 

ビフィラプラスの配合されている成分、そしてどんな効果が期待できるのか。

 

ビフィラプラスでダイエットを始める前に、きっちり調べておきましょう!

 

 

ビフィラプラスの乳酸菌

 

ビフィラプラスという名前から、乳酸菌とか腸によさそうなイメージがありますよね。

 

まさにその通りで、ビフィラプラスにはビフィズス、ケフィアなどの乳酸菌がたっぷり。

 

その中でも注目の乳酸菌は、エンテロコッカス・フェカリス菌。

 

この乳酸菌はスーパー乳酸菌とも呼ばれ、1gあたり5兆個という膨大な乳酸菌を含んでいるのだとか。

 

ちょっと数が膨大すぎてよく分からないけど、ヨーグルトの500倍だそうですよ。

 

これらの乳酸菌が働きあって、体の中の不要物をドバッと排出してくれます。

 

 

ビフィラプラスならではの成分

 

ビフィラプラスはエンテロコッカス・フェカリス菌以外にも、もうひとつ注目したい成分が配合されています。

 

それが、センスピュール。

 

聞いたことのない名前ですが、この成分は腸内フローラを整える力が優れています。

 

ビフィラプラスを飲むことによって腸内に投入されたセンスピュールは、悪玉菌を抑制し善玉菌を活性化。

 

私たちの腸にある約100兆個の腸内細菌の環境を整えてくれます。

 

これを腸内フローラと呼ぶのですが、菌をお花畑と考えるといいかも。

 

きちんと整えられて咲き乱れるお花畑は、腸にとっても最適な環境です。

 

乳酸菌が不要物を排出して、センスピュールがお花畑を整備する。

 

これで、腸内がきれいになりますね。

 

 

ビフィラプラスのダイエット成分

 

ビフィラプラスは腸をきれいにして終わり、というわけではありません。

 

腸がきれいさっぱりした後は、ダイエット成分の吸収も抜群。

 

カカオエキスやジンジャーなどの成分が、脂肪燃焼をサポート。

 

難消化性デキストリンや大豆サポニン、キノコキトサンなどが糖分の吸収をやわらげてリバウンドを防止します。

 

今までこういった成分を摂っていたけど効果がなかった!という人、いませんか?

 

それは、腸内の環境が整っていなかったから。

 

腸をきれいにして初めて、ダイエット成分がぐんぐん吸収されていくのです。

 

 

まとめ

 

腸をきれいにするだけでも、ダイエット成分だけでもないビフィラプラス。

 

2つの効果があってこそ、ダイエット成功の道へとつながっていくのです。

 

もちろん、腸の調子が良くなるとお肌にも良い効果が。

 

すべての秘密は、腸内フローラにあったんですね!

 

>>ビフィラプラスの詳細はこちら